バナー

糖尿病の人の食事で油を減らすコツ

糖尿病の人の食事では、使用する油脂の量を控えるようにしましょう。

そのためには幾つかのコツがあります。



調理に使う油は、計測して使うことで比較的正確に計算できるのですが、食品にもともと含まれている脂肪は見逃しがちになります。特に肉の脂肪は食べすぎると動脈硬化を促進しますので、目に見える脂身はかならず覗きましょう。

脂肪の多い肉は加熱したときに身が縮み、見た目のボリューム感を乏しくなり、食べすぎを招きかねません。

揚げ物は、揚げた食品に何グラムの油が吸収されるのかは食品によっても、衣によっても異なるので単位計算が正確にできず、糖尿病の人の食事にはお勧めできません。その代替として、適量の油をかけてオーブンで焼いたり、フライパンで焼いたりすると同様の香ばしさが楽しめるのでおすすめです。

都内のマンション情報が手に入ります。

炒めものでは、火の通りにくい食材に下処理をすると油の量が減らせるので、糖尿病の人の食事には向いています。



野菜であれば電子レンジで加熱し、肉や魚介類ならばゆでることで7分通り火を通します。



あとはさっと油を絡めることで少ない油でもシャッキリと仕上げられます。
フライパンはフッ素加工のものを使うと、底に点々と残る程度の量で済むので安心できます。

また、油の量を減らすためのコツとしては、香りのある油を使うことで少量でもコクやうまみを感じさせてくれます。



ゴマ油やオリーブオイル、荒挽きの胡椒、ドライハーブ、しょうが、にんにく、赤トウガラシなどを食材に応じて使い分けると油の不足を補えます。

http://ranking.rakuten.co.jp/daily/201541/tags=1000454/
http://www.hosp.go.jp/~kyotolan/html/guide/medicalinfo/biyou/main.html
http://www.asahi.com/housing/world/TKY200812170140.html